観光スポット

城崎マリンワールド
海の新鮮体験が幅広く味わえる水族館。日和山海岸の岩場をそのまま再現した水深12mの大水槽がある「シーズー」や、イルカやアシカショーなど海の生き物 を間近で感じられるアトラクション「シーランド」などがある。他にも、子どもから大人まで楽しめるアジ釣りの「フィッシング」、釣ったアジをその場で料理 してくれる「アジバー」、海岸クルーズ船「マリンビュー」なども楽しめる。

 
城崎温泉

兵庫県北部の日本海に面し、円山川の支流大谿川沿いに広がる城崎温泉。1300年もの歴史を誇る大温泉街で「鴻の湯」「まんだら湯」など7ヶ所ある外湯(共同浴場)を中心に発展を遂げてきた。多くの文人墨客に愛され、志賀直哉の「城の崎にて」の舞台として日本中にその名を知られるようになった。大谿川の両岸にはしだれ柳が、また石橋の欄干は灯篭になっており温泉情緒たっぷり。外湯めぐりは宿泊施設によっては無料券がもらえる所もあり、日帰り入浴だけなら有料になる。


モンゴル民族博物館
1996年11月3日オープン。館内は、シルクロードと名付けた廊下で続いており、「たんとう」から「アジア」 「モンゴル」への約1時間の小旅行が楽しめる。馬頭琴の音色が流れる中、原寸大の「ゲル」に入ると、しばしモンゴル気分が味わえます。

 
シルク温泉館

地底からの贈り物。地下1,100mの古代花崗岩から湧き出る天然温泉は高成分で、まさに自然からの贈り物。肌がつるつるになると評判のお湯です。辺りに広がる山並み、豊かな緑に囲まれた田園のいで湯で、のどかな時間に浸ってください。日替わりで山の湯、花の湯と2つのお湯が楽しめます。


天橋立
安芸の宮島、陸前の松島と並ぶ日本三景としても有名です。全長は約3.6km、幅は20~170mの砂嘴によって形成されており、宮津湾と阿蘇海を結んでいます。砂地の中に約8000本もの松並木が茂り、天に舞う白い架け橋のように見えることからこの名がついたようです。